OutDoor遊び日記

11月

11月28日(金)
本日、昼間にドカーンと時間が空いた。天気予報では昼から天気が崩れてくるようなことを言っていたから、「そんジャー雨が降ってくる前に久々に撮影にでも行ってくるベー」ってなことで、自宅から30分ほどで行ける紅葉の綺麗なこじんまりとした渓谷に行ってきました。鳥がいたらついでに鳥も撮って来るつもりで800mmf5.6もいっしょに車に積み込んで出発!
現地に着くとすでに何人かの人が来ていて写真を撮っている。ここは確かに渓谷と紅葉の景色が綺麗なのだが絵になる場所は、ごくわずかしかないのでだんだん撮るものが無くなって来てしまう。でも今日はブロニカ(645版)を持って来たのでじっくりと構図を考えて撮ってみた。

紅葉真っ盛りでした! 次から次へと見に来る人が絶えませんでした。
この橋、名前が2つある変わった橋です。

しばらくその場所で写真を撮った後、もう少し奥の方に鳥を探しに行くことにしました。渓谷沿いの狭い道の脇に車を停めて双眼鏡を手に様子を見てみた。何年か前はこの場所でよく「ヤマセミ」を見たがここの所見かけていない。その代わりといってはナンだが、「カワセミ」がピピーっと鳴いて水面すれすれを飛んでいった。最近は水のあるところならほとんどの場所で「カワセミ」を見かけることが出来るようになってしまい、あまりありがたみを感じなくなってしまった。
もう少し双眼鏡を、川の中の岩の方に向けてみると「カワガラス」が岩の上にちょこんと立っていた。カワガラスは縄張りが狭く、一生ほとんど縄張りを変えないらしいので今日見た「カワガラス」はだいぶ前に見た個体とおそらく同一のものだろう。

今回はこの沢でヤマセミを見れませんでした。 横道へ入って鳥を探してみたけど、
今日はだめでした。

その後も、「シジュウカラ」「コゲラ」「ジョウビタキ」などよく見かける鳥ばかりしかいなかったので、撮影はやめてちょっと横道にそれて山の中に入ってみた。少し薄暗い山の中に入ってきたところ、突然目の前に黒い影が横切った!それは「フクロウ」だった。僕が入ってきたからビックリして逃げたらしい。しかしまったく羽音も無くスーっと飛んで行って、すぐに姿が見えなくなってしまった。まるで忍者のようだった。

寒くなってきたし、鳥も見えなくなってきたので車に戻って、お腹もすいてきたから家へと帰ったのでした。

この、きのこ食べられるんだろうか?
わからないから、採らなかったけど・・・・






11月26日(水)
昨日、Yサイクルさんで組んでもらったFUJI号ロードバージョンの調子を見るために、昼からの空き時間を利用して近所のH山を一周するロードコースを走りに行くことにしました。
このBikeはMTBに700Cタイヤを付けて、おまけにドロップハンドルにしたら面白いかな?って思ってYサイクルさんにお願いして組んでもらったものです。

これがNEWバージョンのFUJI号 ぐるっとのんびりH山をまわって、反対側
にある辰水神社に寄り道。

巨大なぶんぶく茶釜みたいなものが
置いてあった。なんだろ〜これ??
変わった形の建物が、その名もグリーン
ハウス!確かに屋根から壁まで緑だった。

やや北西の風が強かったけど、天気はとてもよく気持ちよく走ることが出来ました。まだ慣れないバーコントロールレバーでギアチェンジするのに戸惑ってしまったが、それほど使い辛いことも無くなれてしまえばなんてこと無くなりそうな感じでした。

今後はタイヤをもう少し太くして、シクロクロス仕様にしてダートも走りたいなーなんて考えています。





11月23日()
今日は友人のT君と以前から約束していた、定例釣り会(いつから定例になったんだ?)
朝5時起床、久々に早起きしてまだ暗い中準備をして、眠そうなマックを横目にT君宅に向けて出発。6時集合!新築のT君宅に到着し荷物を載せ変えていざ一宮北方管理釣り場に向けて出発。

長良川河口堰のすぐ上流の橋を途中まで
渡って・・・・・→
堤防道路を一路上流に向けてひたすら走ります。

現地についてびっくり!もうすでに駐車場には車車車!こんなに朝早くからみんな頑張って来てるんですねー。連休中日と言うこともあり、人人人本当にこんなんで釣りできるんだろうか?って本気で思ってしまいました。

対岸にはこのへんてこな渡し舟で渡ります。
結構不安定で、たまに落ちる人がいるらしい。
1.5m間隔ぐらいに人がびっしり!

いよいよ釣り開始、まずT君はルアーからスタート!僕は相変わらずフライで頑張ります。
つり始めてしばらく、僕達だけヒットしないような気がしてきた。となりのおじさんはバカバカ2分おきぐらいに釣り上げていて、いったい何匹釣り上げるんだろう?って言う感じでしたね。1匹目はT君が釣り上げました。1時間ほどして色々とフライを変えてやっと僕も一匹釣り上げた。アマゴ用のタックルの僕はラインが細く気を抜くとすぐに切れてしまうので慎重に取り込みました。

なかなか釣れなくてほとんどキャスティング
の練習状態が1時間ほど続きました。
T君、なんだかこわいおにーさんみたい。
でも本当は貴花田似のナイスガイ!
やっと釣れた〜! でも小さかった・・・・

しかし今日は天気が良かった!
昼ご飯を、食べた後あまりに気持ちよかったからなんだか眠くなってきた。でも僕らがのんびりモードで休んでいる間も、隣のおじさんはどんどん魚を釣り上げている。1匹かなり大きなレインボウがかかった。40cmほどあったろうか、かなり取り込みに苦労していた。僕らは何が違うんだろう???と、そのおじさんのタックルを見て研究するが、なかなか釣果につながらなかった。
でもなんだかんだ色々とタックルを変更して、ばらした魚も何匹かいたしそこそこ楽しめました。2人の今日の釣果は9匹。前回の名阪森林パークより確実に釣果は上がっている。次回の定例会開催場所は12月に大安トラウトレイクに決定して帰路についたのでした。

今日の釣果9匹!今度はもっと頑張るぞ。 一日中本当にいい天気でした!






11月22日(
前日、掲示板にナショさんから三重に来る用事があるという書き込みがあった。そこで急きょ連絡を取って一緒に近所のトレイルを走りに行くことにした。そこへ書き込みを見た、だめお君からも連絡が入ってトレイル遊びのメンバー決定。おにりんにも声を掛けてみたが、仕事でだめだった。
僕の自宅に集合してからいざトレイルへ!近くの泉トレイルから走ることにして、いつものルートを案内しながらのんびりと登っていく。だめおくんはGTラッカスiドライブの激重BIKEなのでかなりきつそう。

池に出るトレイルを一気に下ってきたところ

ラッカスで頑張った、だめおくん 明日自転車イベントなのに頑張ったナショさん

泉トレイルを軽く流した後に、神戸トレイルに入ることにしました。神戸トレイルは泉のシングルトラックと違いダブルトラックがメインだが、今回は途中で倒木があったり送電線点検ルートを通ったりしながらぐるっと走りました。
わかりにくいけどかなり大きな倒木が・・・・ その倒木を乗り越えて進みました。


神戸のルートをのんびりと

ナショさんの地元にはなかなかこのようなトレイルは無いらしくて、今日はとても楽しんでもらえたようでした。距離的にはトータルで15kmほどと大して走ってはいないけど、のんびりと里山を走れてとてもきもちのいい日でした。フルサスがとても欲しくなったナショさんだったのでした。





11月21日(金)
昨日までの雨も上がり、まだまだ地面には水溜りが残っていたが、今日は秋を探しにMTBで写真撮影に行くことにしました。バックにカメラとレンズを詰め込んで出発!今日のカメラはNikon F2フォトミック。レンズは50mmと28mmの2本だけ。まずは土砂採取場跡へ。ここでは撮影はしませんでしたがしばらく来ていなかったので、様子をチェックがてらよりました。
ここはもう20年ほどほったらかしになっていて
近所の子供達の秘密基地にもなっています。
ここで、鹿の足跡発見!この辺では珍しくも
ないけどこの場所に鹿の他に野ウサギの足
跡も見つけました。
磨き砂の採取場の跡なので、細かくて粘り気のあるやっかいな土質です。
タイヤにどんどん巻きついてきて、チェーンステーを見事に磨いてくれました。

その後、もっと秋らしい風景を探しに神戸の里山や、野外活動センターの方へ走っていったのです。途中で何箇所か撮影しながら、のんびりと山の方へ走って行ったのでした。さすがに昨日までの雨で路面はかなりウェット。所々の水溜りでタイヤの泥を落としながら走りました。

冬の田んぼ 鉄塔 自然薯のツル

野外活動センター内の大きなイチョウの
木の下で。

野外活動センターでしばらく色づいた木の葉などの写真を撮っていると、近所のおばーちゃんが話しかけてきた。
おばあ「まだもう少し色づきが悪いねー」僕「もう少し冷えると綺麗になるんだろうけどねー」

しばらくお話をさせてもらってると、おばあちゃんの散歩にいっしょにくっついてきた猫がこわごわと僕の顔を覗き込んできた。なかなかかわいい猫とおばあちゃんだったので、写真を撮らせてもらいました。

ここのイチョウはかなり大きくて、木の勢いがあってとても絵になる。バックの風景がいまいちなのが気になるけどそこはアングルをうまく変えて色々と撮った。

この周辺の山は、落葉樹が多くこの時期は色々な色を見せてくれる。もみじが少ないので真っ赤になることは無いが、秋の色を楽しませてくれるのです。












11月14日(金)
今日はめちゃめちゃ天気が良かった。でも仕事が入ってしまい、3時ごろまで外にでることが出来なかった。昼ごろにおにりんと連絡をとって、「どっかのトレイルを走りに行こうか?」って言っていたのだけれど二人とも仕事が入ってしまい、行けなくなってしまった。僕はなんとか3時ごろから日没前まで時間が取れたから、前々から構想していた泉トレイルをつなげたXCコースを走って距離を測ってみることにした。
まずは落ち葉の敷き
詰まった登りのルー
トから
その後短いけれど、濡れているとスリッ
ピーな激坂を下って池に出ました。
新しく届いた、キャットアイのメーターをそそくさと取り付けてこれまた新しく届いたモンベルのサイクルジャージを着て出発!色々とコースレイアウトを考えていたのだけれどもなかなかうまくつなげられないでいたのだけど、あるとき「逆に回ってみたらどうだろう」と思って、ルート地図を見てみるとこれが結構いけそうなのだ。ということで今日は試しにいつもと逆周りで走ってみることにしたのでした。
このあたりはため池が多く、ルート上
あちらこちらに池があります。
池の後は、熊笹やススキが両脇に
いっぱい生えているルート!

池の脇を走っていくと、目の前に中学生ぐらいの女の子が学校の帰りだろうか?池のほとりで自転車を停めてそこで本を読んでいるではないか!こんな所で読書とは・・・。確かに静かだし景色も良いので、読書していても気持ちいいだろうな。読書の邪魔をしてしまいちょっと気が引けたのでした。
山の中のシングルトラックに入って、
戻っていきます。
送電線の点検ルートを利用した、激坂を
下って降りてくると、農道に出ます。
ぐるっと、一周、周ってきた所でメーターを確認すると約3Kmでした。写真を撮り忘れていた所もあったしまだ物足りないので、もう一周してくることにして同じコースを走って行くと、先ほどの女の子はもういなくなっていて、一安心。このコースならとりあえず初心者でもなんとか走れるし、ちょいと気が向いた時に走りに行くのにもいい感じ。ちょっと距離が短いのが気になるけどね。



11月13日(木)
ここのところあまり野鳥の撮影に行ってなかったので、今日は久しぶりに近所の里山に出かけることにしました。午前中の空いた時間を利用して、車にカメラと重たいレンズ、そして三脚を積み込んで出発!MTBでもよく行く神戸の里山の久居市側にある公園付近に車を停めて、バードウォッチング開始。

落葉樹がいっぱいの公園付近。紅葉にはまだ少し早いようです。 MTBで通るとあっという間に通り過ぎる道です。

しかし今日はあまり鳥の姿を見ることが出来ない。上空を見ても鷹などの猛禽類も見当たらない。うーん、どうなっているんだ今日は。そのかわり自然薯のつるがいっぱい生えているのが目立つ。「どうしよう、車に戻ってスコップとって来るか・・・」と思ったけれども「今日は撮影に来たのだし、時間も無いからやめよう」と自分に言い聞かせたのでした。
こんな感じで撮影&バードウォッチングしています。 こんな道を通って重たいレンズと三脚をかついで行くのです。

じーっと耳を澄ませて鳥の気配を感じていると、あちらこちらからさえずりが聞こえてきます。コゲラ・ジョウビタキ・ヒヨ・が草や木の陰でちょこちょこ動いているかと思いきや、突然「ギャー、ギャー」と大きな声で飛んでいく物体?アオサギでした。
鳥以外にも遠くから自衛隊の演習場から機関砲のような「ダダダダ」という連続した大きな音がしょっちゅう聞こえてくる。どうやらこの音に警戒して鳥達も姿を隠しているらしい。
そうこうしているうちに、時間がなくなってきたので引き上げることにした。冬鳥を探すにはまだ暖かいらしく、今日は思ったように撮影は出来なかったのでした。




11月9日(
今日はなんとか昼間に時間が取れたので、久々に長谷山に行ってきました。天気があまりパッとしなくていつ雨が降り出してくるか不安だったのだけれど、なんとかもってくれるだろうと思い頑張っていってきました。
こんな怪しい雲が上空を覆っていて、いつ
雨が降ってもおかしくない天気。
登りの途中からの眺めはとても良かった。
知多半島はもちろん神島や渥美半島まで
よく見えた。



今日はGIANTのAC−2です。こいつに乗るのは久しぶりだった。最近はトラ車に乗ることが多くなってきたからフルサスでの上りは結構しんどかった。でも今回は「登りで絶対にフロントをインナーに入れない!」と決めていたので頑張って登ったのでした。どうにかこうにか登りきることが出来たしタイムもクロカン車で登っていた時とほとんど変わらなかったので満足、満足(^v^) しらないうちに体力がついてきているようだ。

頂上まで登って一息つき、シャツを着替えてからあまり時間も無いことなのでさっさと下ってしまうことにしてBIKEのポジションを変更、下り仕様に変更です。



今日は尾根づたいに長谷山の一番端っこまで下るルートを選択しました。ルートは木の根っこが少し滑ったがやや土に湿り気があり、よくグリップしてくれる。そうして気持ちよく下っていると突然目の前に倒木が現れて急ブレーキ!大きな松の木が倒れて道をふさいでいるではないか。倒れてからしばらくたっているようで木に乗り越えた跡が無数に残っていた。倒木を乗り越えてしばらく下っていくと、これまた倒木・・・・・。こんなにいっぱい倒れてるのね。でも所々熊笹が刈った跡があってルートがわかりやすくなっていた。
あっちでもこっちでも倒木がルートをふさいでいて、デンジャラスでした。

曇っているせいもありトレイルは暗くルートがわかりにくくなっていて、突然の木の根などにタイヤを取られたりしながらも、気持ちよく走ることが出来ました。やっぱりフルサスの威力はすごいなー!AC−2のサスストロークはFが125mm、Rが6インチ(150mm)なのでこれぐらいのシングルトラックの下りでは十分すぎるほどだ。
気持ちよくふもとまで下りてから今回はもう帰りにすることにしたが、一般道を走っているとポツポツと雨が当たりだした。急いで坂を下っていくと途中から雨は止んできて一安心。途中でロードの人とすれ違い挨拶を交わした。日曜日だけど天気のせいもあって、見かけたバイカーはMTB1名ロード1名の2名だけだった。

シングルトラックの出口で!






11月3日(
今日は昨年に引き続き、鈴鹿8hエンデューロに参加しました。
二日間連ちゃんで自転車三昧となったのだけれども、今日は朝から雨・・・・・・
天気予報では、微妙な予報だったのでK子さんが特大の照る照る坊主を作ってくれていたにもかかわらず、朝起きて窓の外を見ると雨・・・・・・マジですか状態。
でも行かないわけにはいかないので気を取り直して準備。朝5時に自宅を出発、うめやん・とよっちと拾って行き、さーサーキットに向けてシュッパ〜ツ!しばらく走ってサーキットの近くまで来たところ、なんだか渋滞してきた。「おいおいおい、こんな所から渋滞かよ」
雨、おまけに渋滞〜 K子さんが作ってくれた
特大照る照る坊主

どうしようもないから、しかたなく渋滞に任せて30分ほどのろのろと走って行くと、パドックの駐車場はすでに満車。しかたなくサーキットのボウリング場の前の駐車場に置きました。ここからは大きな荷物を担いで道路を渡り、エッチラオッチラパドックへと自走して行ったのでした。


受付を済まして、自分達のピットへと荷物を置き出発に向けての準備を進めてしばらくすると、いよいよ選手の招集がかかってきた。いそいそと、出発地点に3人で行きました。しかし慌ててスタート地点に行ったにもかかわらず、なかなかスタートしない。やはり渋滞に巻き込まれて準備が間に合っていない選手がいるようで10分遅れでスタートすることになりました。
スタート前、自分達のいるとこらから左右をみるとこんな感じ!
いよいよスタートだ! 身長違いすぎる(T_T)


今年はどんな変わったコスチュームの人たちが出てくるのか楽しみ楽しみ。周りを見回しただけでも、おサルの着ぐるみ、モーレツ娘、仮面ライダーなどなど雨なのに頑張ってます。さがにこの雨では張りぼて系はあまり見かけなくてちょっと残念。
そうこうしているうちにスタート、はじめは三人で走ろうということで、とよっちも一緒にスタート!うめやんは少し走ったところから先に行ってもらって、僕ととよっちはのんびりと左端を舐めるように走ってウオーミングUP、どんどこどんどこ抜かれていきほぼ最後尾になったのでした。

今年は3輪タイプのリカンベントをよく
見かけました。フェラーリ意識してる?
純粋なママチャリで。
ウエアー忘れちゃいましたー! なんだかわからない、黄色い箱が走ってた。
グレートジャーニー、どこへツーリングに
行くのでしょうか?
本当の和服を着たおばちゃん、どこ行くのー!

なんとか1周したところで一足先にとよっちが僕との交代を待つためにピットへ戻って行った。その後ものんびりペースで写真を撮り撮り4周した後、とよっちと交代。雨も小降りになって少し明るくなってきたから、「ひょっとすると・・・」と思ったけれど甘かった。降ったり止んだりの繰り返し。
そのせいで今日は転倒者が続出していた。特にヘアピンとデグナーでちょくちょく転倒者が多かったようだ。中にはホイールがグニャリと曲がってしまいとぼとぼと押してピットまで歩いてる人も見かけました。
今日一番転倒者の多かったヘアピン。 ぼんやりと観覧車が見える程度、
すごいもや。

残り1時間を切った頃、K子さんとあっちゃんが応援にやってきてくれました。戻ってきたとよっちは「もうご馳走さん」状態。ぼくもかなり疲れてきていたから、うめやんと最後時間をみて1周だけ行こうということになり、しばらく休憩。差し入れの温かいレモンティーやお茶を飲んで冷えた体を温めることができました。とよっちはクールダウンのストレッチをしながら「ウオ゛〜、足パンパン〜」と言いながらもだえていた。
頑張った、とよっち! で、こうなりましたー。グロッキ〜

4時間耐久終了10分前に準備をして5分前に出発。今までにもまして雨の降りが強くなっている、せっかく乾きかけてたウエアーも瞬く間にびしょ濡れになってしまった。走っていくうちにどんどん全身が濡れていく、靴のなかまでビタビタになりながら頑張った。でもそのうちになんだかハイな気分になってきて、最後のS字の下りは川のように水が流れるコースを全快ですっ飛ばして最高速58kmを出せたのでした。
ゴール!
服を着たまま水に飛び込んだような状態になってピットに帰ってきたのでした。

その後、着替えてからお楽しみ抽選会があるというので、抽選券を出していつやるのかなーと、待っているとどうやら表彰式の後らしい。ながながと雨の降る中、表彰式が終わるのを待つこと約1時間。やっと始まった、今回は商品券、かに、黒毛和牛、うに、などの他に自転車が何台かあった。でも去年の方が賞品よかったような・・・・・・。長い時間待ちくたびれて結局何ももらえなかった(T_T)

自転車人口ってこんなにいたのね、ってまじで思ってしまう。

とよっちは今回が自転車のレース初挑戦だったが、頑張って走っていたから明日以降の筋肉痛がこわい。うめやんは昨日の草野球ダブルヘッダーの疲れも見せずに走っていた。僕も二日連ちゃんの自転車三昧はなかなかしんどかった。

やっぱり晴れて気持ちのいい中で自転車は乗りたいよねー






11月2日(
今日はまたまたアーバンライドお気楽トライアルでした。今回は新しいメンバーが増えてのアーバンライドでした。なんと富山からはるばるやってきてくれたUサカさんは随所ですばらしいライディングを披露してくれました。その他にもほぼ10年ぶりにトライアルマシンに乗ったタケちゃんもなかなかのライディングでした。その他にもロボコンさん、Tはらくん、途中から参加した高校生のK君などなど10名ほどで、わいわいがやがや楽しく過ごしたのでした。
えー僕からですかー・・・・ こんなセクション作ったの誰だー
いつものように初めは津公園内各所を移動しながら皆でセクションを作りながら楽しみました。そしてこれも前回に引き続きセクションを参加者一人一人が作って、トライしたのでした。これは製作者の性格が出てきてなかなか面白い。そんな中アクシデントが起きたのでした。Uサカさんがトライしていたセクションの片方は2mほど下が落ちていて、岩もごつごつ出ているところでした。おにりんが「これで落ちても補助のしようがないよなー」と言った時でした、あろうこと、バランスを崩して下に落ちてしまったのでした。運良く岩の間に落ちたのでお尻を強打しただけで済んだのですが、かなりあせりました。

この後・・・・・・ こーなりました、よくぞご無事で

その後も、僕ではとても通れないようなルートを会長、Uサカさん、タケちゃんは通っていってしまったのでした。
ここでも2人(左、Uサカさん 右、会長はかなりな飛び降りをみせてくれました。

しかしこの後、Uサカ君もチャレンジしたのですが、グリップがすべってしまいあえなく落下、下の水溜りにダイブしてジーンズをベタベタにしてしまいました。でも怪我がなくて何よりでした。
この後もいくつかのセクションをチャレンジしタイムトライアルなどで盛り上がった後に、お楽しみの昼ご飯を食べに行くことになりました。今回は市内のうなぎ屋に決まりました。

途中、ゆなちゃんのマシンのチェーンが
外れるトラブルが。
うな丼大盛りの2人、フタが閉まらずに浮いて
出てきました。でもうまかった〜。
この後うなぎパワー全開でした。
昼食後、場所を移動して新種目バトルライダー
をすることに。
追いかけっこをしているわけではありません。
先行するライダーがその場でルートを決めて
走って行きミスした方が負け。それを先に2勝
したほうがウイナーとなります。なかなか
楽しめますぞ!
タケちゃんとUサカさんのバトル! タケちゃんはここでアウト!Uサカさんは
ここをクリアーしてしまいました。


最終セクションが終わった時点で雨がポツリポツリと当たってきてしまいました。慌てて津公園へと皆で帰ったのですが、なんだかんだと、楽しく過ごす事が出来ました。
次回はどんな新種目がでてくるのか楽しみです。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO