OutDoor遊び日記

1月3日(土)
新春恒例トレイルライド!


ここのところ、毎年恒例になりつつある正月3日の新春トレイルライド。今回は前回前々回と場所を変えてA山の南斜面にあるお気に入りのトレイルだ。
昨日の市内の天気は一日中小雨が降ったり止んだり。そして今朝マックの散歩の時に山を見ると、白く雪化粧しているではないか。いまいち条件が良くないのではと心配になったのでした。
今回の参加者は年末のギックリ腰で参加を断念したYさんを除いた、カッキーさん、ダメオ親父、Mさん、くりちゃん、そして僕の5名。
津インター近くで待ち合わせて車2台に分乗して一路A山へ。
出発してすぐはたまに小雨が降るいまいち不安な天気だったのだけど、だんだんと青空が見えてきて、目的地に到着する頃には良い天気。でも風が冷たい、準備している間にも寒風が吹き抜けて行く。みんな、服装をどうしようか悩んでいた。だって今は寒くてもすぐに上り坂を20分ほど登らないといけないし、山の中に入ってしまうと木が風を遮るので暑くなるのは眼に見ているからだ。
なるべく薄着にしたのは良かったが、登りで掻いた汗が目的地の滝見台に到着してしばらく止まっていると途端に冷えてくる。
ひょっとしたら雪見ライドになるかな?と思っていたが周りに雪はまったくなし。あっという間に溶けてしまったようだ。
Bikeを滝見台に置いて、そこからは滝のすぐ下まで簡単トレッキング。
朝、マックの散歩の時にみた山は雪がのっていた。
昨日の雨といい、ちょっと不安。
 しかし、現地に着くと雪はどこにも見当たらず。さあ初ライド出発しますか。
まずは林道をしばらく登ります。 まあ、のんびり登りましょう。
20分ほどで滝見台に到着。 (上)みんなでしばらく滝を見る。左の二人が怪しい(笑)。(下)今回の参加メンバーです。
とりあえず、滝を見に降りて行きます。 おっとっと、SPDシューズで濡れた木の橋は滑りやすいので気をつけましょう。
滝が大きすぎて全ての滝をいっぺんに撮るのが無理なんです。  さてと、滝も見たことだし、Bikeまで戻りましょうか。

滝を見た後はいよいよお楽しみのトレイルランに突入だ。登りあり下りあり、階段あり、落ち葉で敷き詰められたトレイルや、ガレガレの下り、渓流横の崖沿いのラダーありと変化に富んだルートが楽しめる。ここでも雪はまったく無し。少々緩んでいる所はあるが気持ちよく走れた。
思ったよりも早く、いつもの休憩ポイントに到着。今日はここでしばらく時間をとって休憩。今日は寒いのが分かっていたので荷物が重くなるのを承知でMSRのドラゴンフライを持ってきた。早速お湯を沸かして、途中で買って来た卵スープを入れてみんなで体を温めた。やっぱり寒い時には暖かい飲み物だね。
落ち葉がいっぱいのトレイルの階段をBikeを担いで下りるメンバー。  色々なシュチュエーションが味わえるのがここのいいところ。
写真では大した事の無いような道ですが、下りでおまけにあちこちに滑りやすい石があって、結構デンジャラス。 (上)沢を何度か渡ります。(下)ラダーもあります。担いでいる写真が多いのは、走っているときは楽しいので基本的に写真を撮るのがもったいないからです(笑)。
(上)結構ハイペースで進んで行きました。
(下)寒い日には暖かい飲み物が欲しいよね。
担ぎも何度かあるのですが、それもまた楽し。
ここでのお昼は定番ですよね。 トンネルの横を登って行くんです。
フレームの形状によっては担ぎに工夫がいるものも。 植生やトレイルの状況がどんどん変わる。

しばし休憩してお腹を満たした後は、再びトレイルへ。アップダウンを繰り返して気持ちのいい里山の中を走り抜けて行く。今回のトレイルランも終わりが近づいて来た時、後続のくりちゃんとダメオ親父がなかなかやってこない。ようやくくりちゃんがやってきたと思ったら、ダメ御親父が木の枝をリアに巻き込んでディレーラーハンガーを壊したとの事。戻ってダメ御親父のBikeを確認しに行くと、見事に根元から折れたディレーラーハンガー。このままでは走ることも出来ない。ディレーラーをはずして直結で行こうかとも思ったが、もうすぐ出口なのでとりあえずダメ御親父を残して、僕らが先行して車を取りに行き、トレイルの出口へ迎えに行くことにしたのでした。
このルートの最後の難関、アスファルトの登りをエッチラオッチラ登ってようやく車の置いてある駐車スペースにたどり着いた。
そそくさと帰り支度を済ませたあと、車でダメ御親父が待っている場所へ戻り、回収。最後の最後でトラブルがあったけど、全員無事に帰路につけたのでした。
ちょっと一休み 落ち葉のトレイルに丁度良い休憩ベンチ。
残りわずかの所で、ダメオ親父のBikeにトラブル発生!
ディレーラーに枝を巻き込んでしまい根元からディレーラーハンガーが折れてしまいました。
出口も近いことだし、ダメオ親父を置いて先に進む。
最後の試練はアスファルトの激坂 くりちゃん、今回はジープのフロントにBikeを乗っけてやってきました。う〜んワイルド!


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO