OutDoor遊び日記

1月29日(木)
明るい森をライド!


今日は朝からダメオ親父と走りに行ってきました。去年一回走ったっきり行ってなかった極上ダウンヒル。とは言っても全乗りできるようなトレイルではなく地図にも載っていない尾根の道なき道を、倒木や木の枝をよけながらGPS頼りに下って行くものだ。
朝、ダメオ親父のお迎えが来て一路有名温泉街へ(笑)。休業中の公営温泉の駐車場に車を置いていざ出発。初めはしばらくアスファルトの登りだ。エッチラオッチラとのんびりペースで進んで行くが、Bikeのお陰か最近たまにランニングをしてるせいか、結構楽チンに登ることが出来る。
途中では、普段あまり見られない鳥があちこちで顔を出してくれる。ウソやアカゲラが見えるとBikeを止めて見入ってしまうので、ダメ御親父も止まらざるをえず、迷惑をかけてしまう。でもやはりここはいつもと違う鳥が見れていいな。今度はきちんとカメラを持って撮影に来たいけど、そんな時に限って鳥が顔を出さないんだよな〜。
温泉街を抜けて山の方へと進んで行きます。 延々と登りが続くが、のんびりモードで写真を撮り合ったりする余裕も。
途中で会ったウソ。このほかにもアカゲラなんかもいました。 地元の走り屋の間では裏道として有名な道。
なんとか雪を見つけることが出来ました(笑) あと少しだぞ〜!

で、なんとかトレイルの入り口まで登りきり一休み。このトレイルの入り口もなんの変哲も無いような所にあるもんで、まず一般的な自転車乗りは入ってこないような場所だ。GPS様様です。
さていよいよ下りに入る。初めは一応舗装してある道路を下るのだが、落ち葉がいっぱいでグリップが悪そう。去年走りに来た時は雪があちこちに積もっていて、この場所がカチコチに凍っていてコントロール不能になりどうにかこうにか山の斜面に乗り上げてBikeをストップした経験がある。でも今日はまったく雪が無く、杉の木なんかを見るともう山は春の準備をしているようにも思われた。
舗装路からいよいよトレイルへと入って行く。トレイルとは「目的の為に地域と地域をつなぐ山などの小道」の事なのだが、今回のルートはずっと以前には山仕事の道として機能していた時もあったのだろうけど今現在はまったく道としては機能しておらず、山肌の一部が少し掘れてかろうじてここに昔道があったんだよって言うのが分かる程度の所だ。
約8kmの登りを終えて さあ、ここからはお楽しみトレイル!
明るいトレイルを気持ちよく走れる。 でもあちらこちらに倒木が。

だから、本来なら地図読みがきちんと出来るか、地元の人間で山の事が詳しく分かるような人でないとまず足を踏み入れるような事がない場所なんだ。ここでもルートの決定はGPSに落とし込んだログを頼りにナビをしてもらう状況。一応地形図は持ってきてはいるものの、万が一GPSが壊れた時の事を考えるとあまりいい気持ちがしない。
とはいえ、このルートが通っている森は落葉広葉樹が多い為全体が明るく気持ちがいい。未整備のルートゆえに木の枝などがそこら中に落ちているのでいつ巻き込むかも知れないので気が抜けない。倒木を超えたり落ち葉の激坂をスライディングして下りたりしながら進み、途中の明るい尾根の上で昼食にすることにした。
時折聞こえる鳥の声と自然の音以外ほとんど何も聞こえない。のんびりとランチを楽しみその後、自宅で入れてきた紅茶を飲んで休憩。
落ち葉で滑る尾根の激坂フリーライドゾーン!
日の当たる気持ちのいい尾根で昼ごはん。 地図読みだけでも下れますが、GPSを頼ると早くて楽チンです。だから一向に地図読みが上達しないんだろうな〜。
地形図かGPSが無いとどこを走ってるか分からなくなりそうです。 よそ見をしてたら、こけちゃいました(^^ゞ
人の気配はまったくありません。 イノシシの足跡しか見えないまさに獣道(笑)

休憩後はさらに先へと進む。とにかくこのルートは倒木と木の枝が多い。今度整備に来て全乗りできるようにしたいところなんだけど、このルートを整備するとなるとかなりの覚悟が必要だなきっと。
あと、このルートを走る時はなるべく引き裂き強度の強いアウターを着るべし。実際今回ダメオ親父が木の枝に袖を引っ掛けてしまいハデに破いてしまった。
それとは別で、僕はフロントを木の枝にとられてしまいハデにすっ転んでウエアが泥んこ。まあトレイルライドでは色々なトラブルがあるので、最低限それらに対処できる装備は必要ですね。
森を抜け、一旦広い山仕事用の車が入れるダートを少し下ってから、今度はイノシシしか通らない、それこそ獣道を進む。途中イノシシの毛が固まって落ちていたり、イノシシのお風呂を発見した。
(上)途中に落ちていたイノシシの毛(下)イノシシのお風呂発見! トレイルを走り終えて。
帰り道に神社に立ち寄りました。 家内安全を祈願してきました。
最後は足湯でまったりしてから帰路についたのでした。

楽しい下りも終わり、一般道に出てきて再び温泉街に入って行く。途中で神社におまいりして家内安全を祈願してから駐車場へと帰ったのでした。で、その後のお楽しみは駐車場のすぐ横にある足湯。本来なら温泉に入りたいんだけど、公営温泉はただ今リニューアル工事の為春まで入れません。ちょっとリッチな時はすぐ近くの有名温泉旅館でひとっぷろ浴びて帰ればいいんだけど、今日は足湯で我慢。地元の老人としばし御喋りしてまったりしてから帰路に着いたのでした。しかし、最近少し動いているお陰だろうか、帰宅後の仕事でもまったく疲れは感じませんでした。また今度走りに行きましょね。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO