OutDoor遊び日記

4月6日(月)
春爛漫桜巡りツーリング!


今日はあまりにも天気が良いので、朝一の仕事を終わらせてからお花見に行ってきました。でもただ桜を見に行くだけじゃ面白くないので、今回はトレイルを含めて今まで行った事がない桜の名所に行ってみることにした。
先日知人から聞いて今の時期に行っておきたかったのが白山町にある“中部池田記念墓地公園”だ。ここの桜並木は見事だそうで、津市内では一番の桜並木との事だった。それじゃあ近所にも桜の名所もある事だし、それらを巡ってついでにトレイルも走ってこようと思い、早速ルートを検討。
車が嫌いな僕のルート設定は、交通量がなるべく少なくて、自転車でないとまず普段は通らない、旧街道など見所があるルート。と言うことでカシミール上でルート設定をして、すぐさまGPSにインプット。
午前11時過ぎにおにぎりを持って出発!
まず、旧初瀬街道を通り途中から雲出川沿いに進んで最初の目的地の“大仰河川桜並木”までやってきた。河川敷にある桜並木で、県道の対岸にあり良く目立つのだけど、思っていたほど人は多くなかった。とりあえず写真を撮るだけ撮ったらすぐに移動。
青い空〜♪山笑うとは良く言ったもんです。 旧初瀬街道にある道標。右榊原、左伊勢道とあります。
石橋にある潜水橋。ホタルの名所でもあります。 花がいっぱいです!
まずは大仰河川桜並木までやってきました。ここの夜桜は綺麗ですよ!  特に名所ではないんだけど、あちこちに桜が咲いています。
川沿いの岩に磨崖仏があります。笠着地蔵さんです。 すぐ下の川の中にある岩にも仏様が彫ってあります。

次なる目的地はそのまま川沿いに走って行くと現れる“亀ヶ広桜並木”だ。やはりこちらの方が人が多い。道路にはずらっと路駐された車が並び、出店もあって人々がお弁当を広げてのんびりとくつろいでいる。川を渡すように、こいのぼりが架けてあっていい雰囲気だ。
ここでもそれほどゆっくりとしたわけでもなく、少し休憩をして写真を撮って出発。今日は家を出た時間が遅かったので、なるべく早くに目的地まで行ってしまいたいという気持ちがあったからだ。
桜のトンネルが綺麗な亀ヶ広桜並木です。
こいのぼりが川に渡してあって、桜とこいのぼりが青空に映えて綺麗でした。  今日はミニ三脚を忘れたので、いまいち変なセルフポートレート!
亀ヶ広を出てからは田舎道をのんびりと進んで行きます。アーバンライナーが横を通っていきました。 分かりにくいけど測位精度最高±2mの表示。こんな数字初めて見ました。晴れていて周りに障害物が無いからなんだろうけど、ひょっとしてテポドンの関係でアメリカ側が衛星からの電波の精度を上げたか?
(上)入り口の案内板から段々と坂がきつくなっていく。(下)道路の脇に桜がいっぱいです。  どんどん桜の数が増えていき、桜のトンネルの中を登って行きます。これだけ綺麗だときつい坂も気持ちいい?
ゲートをくぐってもう一のぼりすると公園が見えてきます。 目の前に大きな噴水のオブジェがあります。

亀ヶ広を出てからはしばらく田舎道をのんびりと走る。途中にいくつかの別荘地を抜けて行くが、こんな所に別荘地あったっけ?といった感じで新しいログハウスがいくつも並んでいるような所もあった。
淡々とペダリングをして進んで行く。本来ならこれだけアスファルトを走るならFUJI号で来るべきなんだろうけど、今日は帰り道にトレイルに入る予定があったので、あえてOCLV号で来たのでした。でも今使っているタイヤ、KENDAのKARMAはアスファルトでの漕ぎも軽いしセンターノブが硬質のゴムを使っている関係からか減りも少ない。かといってオフロードでのグリップが悪いかと言うとまったくそんな事は無い。ダウンヒルの様なスピードになってくると話は別だけど、里山ライドならまったく問題なくしっかりとグリップするいいタイヤだと思う。


看板にしたがって道路を山のほうへと進んで行く。段々と勾配がきつくなってきて延々と続く坂道。でも道路の両脇に植えられた満開の桜が枝を伸ばしていてまるで桜のトンネルのようになっている。きつい坂道だけど、桜を眺めながらのんびりとペダリングして行くうちに入り口のゲートが見えてきた。“中部池田記念墓地公園”は某宗教団体の墓地で、普段は正面ゲートに守衛さんがいるそうだ。
ゲートをくぐってさらに最後の登りを上がりきると、綺麗に整備された公園が目に入ってくる。本当にこれが墓地??まったくそういった雰囲気は無い。芝生の綺麗な広場にベンチ、レストランや休憩施設まであり、綺麗な噴水が青空に栄えている。
子供も遊ばせられるように綺麗に整備された公園内。
ここからはまったくお墓が見えません。
 ちょっと変わったセルフポートレート!僕どこにいるか分かりますよね?
一旦公園を出て、少し下ったところで桜を独り占めしながらおにぎりを食べました。  一休みしたところで次なる目的に向けて出発しました。
エッチラオッチラ担ぎ上げて一休み〜。 (上)いよいよお楽しみの下りのトレイル。やっぱりこれが無いとね。(下)さてさてどっちに行くんだっけ?

でも少し横の方に行くと、“納骨堂こちら”という”案内板があって、やはりここは墓地なんだと現実に引き戻される。
公園ではのんびりとお弁当を食べる人たちが多く、サイクルウエアで来た僕はちょっと浮いている感じがあったので、少し戻って桜並木の綺麗なところで芝生のある場所で綺麗な桜並木を独り占めしながらおにぎりをぱくついたのだった。
とりあえず当初の一番の目的を果たしたので、あとはのんびりとオプションを楽しみに再び走り始めた。次なる目的は、トレイルを走ること。先日走りに来た以前のイベントのルートでまだ走っていない所を走る為に、以前のイベントのMAPも持ってきたし、当然GPSにもインプットしてきた。それと、あらたなトレイルの開拓の為に別のルートの調査も兼ねているんだ。


一本面白そうなルートを調査に入ったのは良かったが、ある程度入ったところで、道が無くなってしまっていて断念して引き返した。
その後は以前走ったルートをたどるだけだが、GPSにルートがプロットしてあるのでイベントの時はMAPとにらめっこしながら走ったルートがウソのように楽に進んでいける。ただし荒れた送電線の巡視路の登りがあって担ぎで登るのはやっぱりきついけどね。
でもその後は楽しい下りが待っている。整備されているわけではないので普段僕が走っている近所のトレイルとは訳が違うけど、色々な障害物を越えながら、綺麗な池沿いのトレイルを抜けてダブルトラックへ進み、ほんの少しだけR165を走って先日走ったトレイルへと入って行く。
GPSで確認しながら安心して進んでいけます! 今日は暑いぐらいでした。ここから山へと入って行きます。
トレイル調査に入った先でえげつないぐらいの倒木の嵐・・・・・。 一旦戻って再び走ったことのあるトレイルへ!

ここからは先日しっかり走ったのを覚えているので、感覚的にそれほどきつくない。気持ちよくルートを抜けて一般道へと進んで行ったのでした。さて今日はこのまま帰るかなっと思い自宅へと進路を決めて走っていたんだけど、途中でもう一つ桜の名所を忘れていたのを思い出した。津の水道の水がめ“片田貯水池”だ。ここは水道資料館の前の公園に桜が植えてあり、平坦な公園ということもあって、家族連れはもちろん近隣の老人ホームやデイケアなんかの人たちがいっぱいやってくる。ポカポカと日の当たる公園のベンチで気持ちよくしばし休憩。なんだかうとうとしてしまった。
トレイルとはお別れして、帰路に着く。途中で貯水池の桜を見て行くことに。こちらも満開でした。  老人ホームやデイサービスの人たちがいっぱい来てました。
帰り道で、狐のミイラ発見! 最後の最後でいつもの散歩コースの桜を見に行くと
桜の木にハンモックを架けて、音楽を聴きながら読書をしている人がいました。贅沢ですね〜。

本気で眠くなる前に帰ることにした。もうこれで見るところは無いなと思いつつ自宅のすぐ近くまで来た時に、ふと目に入った桜が。いつもマックの散歩で通っている川の土手だ。川の対岸に桜の並木があるのだけど、その中の一本が今日はちょっと様子が違った。ナンだろうと思いMTBを止めてよ〜っく見てみると、満開の桜の木の枝にハンモックを架けて、ヘッドホンで音楽を聴きながら読書をしている人がいるではないか。ポカポカ陽気の中、最高に気持ち良さそうでした。今日見て周った桜とそれをを楽しんでいる人の仲で一番うらやましいと思った瞬間でした。
でも僕も一日でトレイルも走って、花見も出来てかなり充実した日になったと思う。本日の走行距離約60km。トレイルあり、激坂あり、担ぎ上げあり、でこの距離なので久々に気持ちのいい疲れがありました。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO