OutDoor遊び日記

6月2日(火)
赤い鳥を探して!


朝一の仕事を終えた後、ビックホーンにFUJI号を積み込んで出発!今日の目的はアカショウビン。
確か二年ほど前にその場所で声だけは聞いた覚えがある。その時は特にアカショウビンに興味は無かったので、結構近くで声が聞こえていたのに姿を確認することなく「お、鳴いてる鳴いてる」ぐらいで、帰ってきてしまったのを今になって後悔している。
で、せっかくいるなら見に行きたいと最近思うようになった。でもネットの情報ではまったくといっていいほど出てこない。「ひょっとしたらもういないのかも・・・」と半分諦めながらもとりあえず行ってみて、現地の人から直接情報を得ようとしたしだいだ。
JR名松線の終着駅の駐車場に車をデポして、FUJI号で現地を目指す。距離的に大した事がないので、頑張って漕いでしまうとあっという間についてしまう。だからあちらこちらで沢を覗き込んでは鳥の声に耳を傾けながら進むことにした。
車からFUJI号を降ろして 駅名物、SL時代の給水等を後にして出発!
過疎化が進み、あちらこちらに空き家があります。でもその空き家を積極的に田舎暮らしを希望する人の為に活用しようと言う働きが進められています。  この辺りは、良くフライをしに来るポイントです。釣り道持ってくればよかったかな〜。
道端に飾られたイノシシの頭蓋骨! 鳥居が見えてきたらもうすぐだ。
沢のすぐ横にウッドデッキがありました。何にするんだろう?でもこんな所で沢の音を聞きながら昼寝したら最高だろうな〜。  到着しました。自転車を置いて歩きで中へと入っていきます。

鳥居をくぐって、石灯籠の立ち並ぶ杉林の中の坂道を登って行くと広い駐車場が見えてくる。でも車は一台止まっているだけ。平日はこんなもんかなって思いながら、自転車を置いて歩いて中へと入って行く。
お腹が空いたので、持ってきたおにぎりを沢の見える公園のベンチでくつろぎながらほおばる。沢の音が大きくて鳥の声がいまいち良く聞こえない。でも近くでキセキレイが縄張り争いで追いかけっこしているのだけは良く見えた。
しばらくゆっくりとした後、まずはお参りに。石段を登って行きお参り、その後さらに奥の滝へと進む。日が差し込んできて新緑とのコントラストがとても綺麗だ。誰もいないのをいい事に滝の前で10分ほどボーっと立ち尽くして、気をいっぱいいただきました。

一旦戻って、今度は別の沢筋を登って行く。こっちは登山道にもつながっており綺麗な滝が見ることが出来る。途中でオオルリのさえずりが聞こえるが姿が見れない。いつもなら高い木の上にいてすぐに分かるのにな〜。
とりあえず大きな滝まで行った所でストップ。そこから先は沢を渡った後山へと入って行く道だ。もう少し進もうかとも思ったけど、何だかヒルがいそうな気がしたので、ショートパンツにくるぶしまでのソックスとローカットのシューズでは「はい、ヒルさん食べてちょうだい」てなもんで、あとで痒い思いをしたくないので今日はそこで引き返したのでした。
この木は参道にいつから立っているのだろう。 イワタバコの葉が出始めていました。
(上)お参りを済ませた後、登山道の方へと移動。(下)いくつかの滝が見れる沢へと進みました。 夏に来ても気持ちいいでしょうね!

ここでもアカショウビンは見つけることが出来ず、しばし滝を眺めてから引き返したのでした。引き返す途中で、モミジの木の枝に何だか変わったものがくっついているのを見つけた。なんだろ?と思い近づいて見ると、茶色い横シマ模様のオチョコをひっくり返したようなものが枝にぶら下がっている。
????
面白いからもっと近くで写真を撮っておこうと思い、すぐ近くまで寄った時だ・・・・・いきなりそのオチョコの中からスズメバチが顔を出したのでした。
うわッ!
思わずのけぞり、後ずさりした。
幸いスズメバチは何事も無かったようにぶ〜んと飛んでいってしまったけど、かなりあせった。
そう、建設中のスズメバチの巣だったのでした。今の時期は巣作りで忙しいからいいけど、秋になったらやばそう〜!
あちこちウロウロと探し回ったけど、今日はまったく声すら聞くことが出来なかったアカショウビン。ひょっとしてまだ来てないのかな?なんて思い禰宜さんに話を聞いてみることにした。
ここの禰宜さん、とにかく話が長いので有名。一旦つかまるとなかなか放してもらえない(笑)。でも今日は貴重な情報収集の為にあえて話をすることにした。
案の定その場で30分以上も話し込んでしまいました・・・・・。
でもやはりアカショウビンはもう来ているそうだ。2日ぐらい前に見かけたとの事。鳴き声も良くしてるよって事だ。
以前にも見たことがある濃い青色の綺麗なコガネムシ。 今回はあまり奥までは行きませんでした。
(上)太陽に傘がかぶってきました。雨が降る前触れかな?(下)目的のアカショウビンはここでも見れず。  こんな景色の中で、ただボーっとしているだけでも気持ちがいいです。
社務所のある場所まで戻ってきて、禰宜さんから情報収集。やっぱりいるんだ〜。 伊勢本街道 興津宿

まあまた今度見に来ることにしよう。少し雲が出てきて風も吹いてきたのでそろそろ帰ることにしたのでした。帰り道はほとんどが下りなので、アンダーバーを握り気持ちよく下って行く事ができた。そしてあっという間に車まで戻ることが出来たのでした。

今度はもう少し下流でフライでもしながら、ヤマセミも一緒に探すかな?


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO