OutDoor遊び日記

7月10日(金)
伊勢で観光客モード!


ほぼ年に一回、仕事仲間と日帰りでお出掛けしている。当初乗鞍への日帰りバス旅行に行く予定であったんだけど、梅雨もまだ明けていないし時間もかかるので近場でウロウロ遊ぼうと言うことになり伊勢に変更。

まずは外宮へ行くことに。何を隠そう僕は外宮に行くのが初めてで、正式なお伊勢参り(外宮に参ってから内宮へ参る)をした事がなかったんだ。今回同行したメンバーの内、外宮に行った事があるのが一人だけと言う事もあって今回の行き先が決定した経緯もある。

外宮を参ってすぐに、内宮へ移動。とにかく今日は蒸し暑かった。駐車場からおはらい町を抜けて内宮へと入って行くが、ただ立っているだけでも汗がにじみ出てくるぐらい。
前回来た時よりも人が少なくとても歩きやすかった。子供を連れていないとこれほどまでに歩きやすいのかと実感。
まずは外宮をお参り そしてすぐに移動して内宮へ、この日は日差しが強かった〜!
お決まりの石段の下でパチリ! ニワトリさんも暑そうでした。
11月には宇治橋が完成する予定です。 お昼は、てこねと冷やし伊勢うどんのセット

のんびりゆったりと参道を歩いてお参りを済ませ、お腹が空いて来たので再びおはらい町に戻り昼食。冷やし伊勢うどんとてこねのセットをみんなでいただいて一息ついた。
その後は、お楽しみの買い食いタイム(笑)。
イセエビコロッケを食べて、その先で赤福氷を食べて満足満足。
チーズ棒も食べたかったんだけど、昼ごはんを食べてあまり時間がたっていなかったので、満腹になってしまい一旦終了。
続いて買い食いは、イセエビコロッケ そして定番の赤福氷

さて続いての目的地は・・・・・
最近地元TVでもよく特集されている「ちょんまげワールド」。そう安土桃山文化村へと行ったのでした。数年前来た時は入場料も高く、駐車場代も高くて気軽に行くにはちょっとお金がかかりすぎる感があったけど、CMでもやっているように、「入場料下げました」との事だったので再び行く事に。

入場料は以前5000円近くしていたのがほぼ半額になっているし、JAFの会員証を提示するとさらに500円引き。2000円で入る事ができるようになっている。
以前来たときにも思ったんだけど、ここはそんじょそこらのテーマパークではない。スタッフみんなが役者さんだし、舞台の合間にはどんどん園内に出てきてくれてお客さんと仲良く遊んでくれるんだ。
欽ちゃんプロデュースの劇もあり大笑いできるよ!

場所を移して、伊勢 安土桃山文化村へ まず初めの舞台は、山田奉行所。大岡越前が伊勢にいた頃の奉行所の名前を使ってます。
格式高い名前とは正反対の、抱腹絶倒のお笑い劇。
お客さん参加型の劇です。
キャラクターの一つ、マゲdeっちです。
こちらは元祖キャラクター、ニャンマゲ! 長い長いエスカレーターに乗って天上界へ

劇の合間合間で買い食いしたり、ダッシュで安土桃山城へと登り、伊勢の街並みを眺めたりしながら楽しく過ごせました。最近のPR活動のかいあってか、徐々に休日の入場者数は増えているそうだけど、まだまだ役者さんたちの厳しい生活は続いているそうだ。
普段、外遊びばかりしていて、こういったところに行く事がほとんど無い僕だけど、ここ“ちょんまげワールド”はありだなって思う事ができる唯一のテーマパーク。確かに作り物ばかりの偽物の空間だけど、出演している役者さんは皆本物。そんな役者さんたちと気軽に話をしたり、写真を撮ったり出来るのがとてもアットホームでいい。お客さん参加型の劇もあり笑が絶えないんだ。
もう少しKouが劇を見れるようになったら連れて行ってやりたいと思う。
僕らだけダッシュでお城の上まで登りました。
しゃちほこの前で、逆シャチホコ・・・ お城の上からは、伊勢の町が一望できます。いい眺めですよ!
欽ちゃんプロデュースの劇は笑が絶えません。 この人、切られた後ですが、なかなか袖に引っ込まずにカメラに向かってポーズをとってます(笑)。
劇の終了後はみんなで揃ってハイポーズ!
ぎゃ〜・・・・
竹馬やコマなんかも置いてあって自由に遊べます。
マゲdeっち


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO